下館駅前地区第一種市街地再開発事業

1983〜1986 - 下館市(現筑西市) - 茨城県下館市(現筑西市)

SPICA

全体概観
全体概観
位置図
位置図
区域図
区域図
所在地 茨城県筑西市字下田中丙359番〜丙367番
施行者 筑西市
地区面積 1.4ha
地区概況 本地区は、JR水戸線、真岡鉄道真岡線及び関東鉄道常総線が乗り入れる下館駅前に位置し、本市の顔となる地区です。しかし、駅前広場やその進入通路が狭小で常に交通混雑しており、歩行者の安全面からも不便をきたしています。また、未利用の農業倉庫や運輸事務所、駐車場など用途が混在しており、低密な土地利用状況にあり、都市の機能も低下傾向にあります。
事業コンセプト 公共施設の整備・商店街の近代化・防災性の強化
都市環境研究所の役割 再開発B調査推進計画作成基本設計資金計画作成権利変換計画作成実施設計
事業経緯
昭和58年 11月 下館駅前地区整備研究会発足
昭和60年 6月 都市計画決定
昭和61年 8月 事業計画認可
昭和63年 8月 権利変換計画認可
平成元年 11月 工事着工
平成3年 3月 竣工
物件概要
交通 JR水戸線、真岡鉄道真岡線下館駅前
導入施設 SC、スポーツ施設、商工会議所
敷地面積 4,670m²
延床面積 25,681m²
建物階数 地上7階 地下1階
総事業費 約94億円
建築設計者 (株)久米建築事務所
施工者 前田・日産・アキラJV
管理運営 下館都市開発(株)